MRとMSの違い

今日はMRとMSの違いを紹介したいと思います。
もしかすると人によってはMRは聞いたことがあるけれど
MSは知らないという人もいるかもしれませんね。

まず、MRについて

MRというのは自分の会社の医薬品の情報提供、
そして自社の製品の普及と拡大をするために動いています。

製薬会社の営業担当のことをMRと予備、
メディカルレプレセンタティブの頭文字を略してMRといいます。

医薬情報担当者のことです。
今日本には5万人のMRが活躍していますが、これらMRの仕事は患者さんが安全を確保できるように、
医薬品に関しての情報を医師、医療従事者に提供して、
医薬品を適正に使用してもらうことを促すことにあります。

それだけではなくて自社の製品が普及することが一番の目的なので、
ほかの医薬品よりも優れているところや効果などを少しでも詳しく説明できるかどうかが
MRの仕事では重要なことで専門的な知識を身に付けていなければいけません。

実際現場では医師がこうしたMRからの情報を参考にして処方するので
治療に影響を与える仕事といってもいいかもしれません。

MSの違いは?

それに対してMSですが、こちらは多種多様な医薬品の販売、そして情報提供をするのが仕事です。
医薬品卸売り会社の営業担当者のことをMSと呼び、
マーケティングスペシャリストの頭文字をとっています。

製薬会社から仕入れた薬、材料、医療機器など幅広い取り扱い商品を販売したり、
薬の効能や効果、医療制度や今流行している病気の
流行状況といった情報提供をするのもMSの仕事です。

情報を提供するためには情報を収集しなければいけないので、なかなか大変な仕事です。

MSは医療機関、調剤薬局との価格決定権があるのも違いです。
MRとMSの決定的に違う点は販売価格を決定できるかどうかにあります。
MSはお得意先の医療機関や薬局に値段交渉をすることができるので、
利益を確保するための仕事がとても重要視されるのです。

MSが必要な知識は医薬知識として取り扱い品目に応じて幅広い知識を求められるのに対して、
MRが求められる知識は自社製品に特化している専門知識となっていますから、
MRよりもMSのほうが求められる知識はたくさんありますので、
大変な職業といえるかもしれません。
MSは医師、薬剤師とMRをつなぐ間になる重要な役割です。

参考サイト:MRとMSの違いを教えて下さい

MSにしてもMRにしてもどちらもコミュニケーション能力と
そして情報収集能力は欠かすことができませんので、
MRになったとしてもそれがゴールではなくて
そこから日々努力が必要ということになるでしょうね。

そう考えるとMSのほうが大変だからやっぱりこの年で
チャレンジするならMRを選んでよかったのかな?と思います。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る