勉強の仕方

MR勉強方法

MRへの登竜門

MRに転職するために必要になるのが、MR認定試験に合格することです。
実際にはMR認定試験に合格していなければ仕事に就けないわけではありません。
しかし、合格している人の方こそ圧倒的に転職活動が有利になります。

MR認定試験は年に一回しか実施されていないため、初年度に失敗してしまうと次のチャンスが訪れるのは次の年になります。
何としてでも一回で合格を目指したい!と考えているのは僕だけではないはずです。
必ず合格を目指すためには、正しい勉強法を取り入れる必要があります。
実際に僕が実践している内容も含めてご紹介します。

参考:MR認定試験合格への道

質より量!

MR認定試験は合格率が80%前後だと言われています。
比較的難易度が低いと思われがちですが、決して侮ってはいけません。
本試験に向けて正しい勉強を実践しなければ、一回で合格するのはかなり難しいです。

個人的に試してもらいたい勉強法は、とにかくたくさんの問題を解くのに慣れる事です。
テキストの内容を全て理解してから問題集に取り組もうと思っても、最初に勉強した部分を忘れてしまっていて全く答えがわからなかったという場合もあります。
テキストはサッと読んで問題と解き、わからなかった部分や間違えた部分はその都度修正し直すことで効率良く勉強を進めるようになります。
何度も繰り返して実践することで、自分が苦手としている部分がわかるようになります。
苦手な部分は後で重点的に復習するようにして、確実に苦手分野を無くすことが大切です。
とにかく復習を重点的に実施することが、必ず自分の力になると信じてください。

成績が悪くても大丈夫!

自分では理解しているつもりなのに、模擬試験の結果は散々な結果になる方も多いです。
十分復習を重ねて苦手分野を克服したつもりになっていても、実際には理解できていなかった方もいます。
仮に思うような結果を残せなかったとしても、いつまでも悔やむのは禁物です。
大事なのは本試験での結果であり、模擬試験は本試験に近い練習問題であることを覚えておきましょう。

思うような成績を収めることができなくても決して焦らないでください。
気持ちが焦るほど、なかなか良い結果が出なくなってイライラも募ります。
イライラするほど勉強に集中できなくなって、更に結果が悪くなる可能性も高いです。

生活の一部として勉強をする

MR認定試験への合格に向けて一生懸命勉強を続け、見事合格することができてもゴールではありません。
MRとして実際に仕事をするようになっても、常に勉強を続けなければ仕事を続けられない可能性もあります。
本試験合格後もずっと勉強は生活の一部として行なうことになるので、やる気を出して日常生活で勉強をすることが大切です。

リノベーションとリフォームの違いって何? | sumiyasmile

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る