MR認定試験に向けたサービス

試験までに弱点を克服

僕自身もMRの転職に向けて認定試験に合格するために着々と試験勉強をしているところですが、本当に今の勉強法で大丈夫なのかなと不安を感じることもあります。
確実に試験をパスするためにも、確実に苦手分野をなくさなければいけないなと実感しています。
MR認定試験に合格して転職を成功させるために活用できるサービスとして注目されているのがノート式eラーニングです。
僕もMRへの転職を実現するために活用して頑張っています。
参考:GeeSolutions 、MR認定試験 直前1ヵ月対策 ノート式eラーニングで短期決戦

自分の弱点を見つけて克服する

MR認定試験の過去問題からランダムに出題される問題を解いていくと、自分が苦手としている問題を知ることができます。
1回のドリルは20問出題されますが、全ての問題数は5400問にもなり、この中からランダムに出題されることになります。
回答した中で間違えた問題があれば表示される仕組みになっていて、印刷できるようになります。
間違えた問題にはテキストを確認しながら解説を書き込んでいきますが、テキストをそのまま書き写すのではなく、自分で要点をまとめて書き込みするのがポイントです。
しっかり要点を抑えるように努力することで効率良く学習を進めることができます。
要点をまとめた紙をどんどんファイリングしていくことで自分だけの苦手問題とその要点をまとめたノートが完成していきます。
様々な章ごとにまとめると後で見やすくなります。
最初の段階では間違えた問題が多いほど紙がたくさんファイリングされていますが、苦手な問題を克服する度に抜いていくと紙がどんどん少なくなります。
紙がなくなった頃には苦手分野を克服できていると考えられます。
この方法の優れた点は、自分が習得していくのが視覚的にとらえることができるようになることです。
モチベーションの維持にも効果のあると言えるでしょう。

最後の仕上げで腕試しも

じっくりと苦手分野の克服を目指して学習を重ねてきた方はそれなりに自信が付いていると思います。
この段階まで来たら実力を試すためにも合格度チェックを利用してみましょう。
合格度チェックでは2008年以降に全国で実施された試験問題を受験して実力を試すことができます。
過去問題ではありますが、実際に本試験で出題された問題になるため、再度出題される可能性も高いです。
各地域によって異なる試験問題に挑戦し、それぞれの地域で合格レベルに達しているか確認してみましょう。

ノート式eラーニングは2ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月の中から好きな期間を選択できます。
パソコンだけでなくスマートフォンでも利用できるので、インターネット環境があれば外出先でも勉強できます。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る